昨晩は玄関錠のトラブル、今日はトイレの詰まり解消がありました。

これは解消後ですね。

結構この手のトラブルは多くて、実はトイレ詰まり解消にはコツがあります。

すっぽん(ラバーカップ)を和式便器、洋式便器と専用のものを間違えないように用意しておく事と、押して解消するのではなくて、引っ張って解消するという事を知っていると焦らずに作業できます。

おもちゃとか、他のものが詰まっていると便器外しになりますからご注意を。

寒波の到来で、関東地方南部でもお湯が出ないトラブルが続出しています。

OBのお客様からも問い合わせが相次いでいるので、ちょっとしたことを書いておきます。

 

この時期に給湯機からお湯が出ない場合(吐水口から全く水が出ない)は給水管の凍結がほとんどだと思います。

いまどきの外付け給湯機の場合は「凍結防止機能」が備わっていて、機械内部で凍結する事は少ないです。

問題なのは、画像で赤く囲った給水栓ハンドル周りが凍ってしまう事で、水が給湯機に供給されないためにお湯が出なくなってしまいます。

金属に伝わる氷点下の温度が管の中の水を凍らせる事が多いのです。

そんなときは出来る方法としては、そっとしておいて気温が高くなるのを待つのが一番良いのですが、解凍する方法としては「ぬるま湯を掛け、通水したら水をふき取り、乾いたタオル等でぐるぐる巻きにしておく」「小さなポケットカイロ(袋入りのもの)をハンドルの首下に巻きつけてからタオルでぐるぐる巻きにしておく」というのが良いと思います。

ポケットカイロは乾式で、水を使わないので再凍結の心配もなく効果的かと思います。

熱湯で融かす行為は厳禁です。破損の元になりますので絶対にしないでください。

ぬるま湯とは「普通の人が温度の目安はお風呂に入れる程度」です。

ここで注意して欲しいのは、給湯機は火気なので、絶対に機械本体に布等が触れないようにしてください。

火災の元です。

 

給湯機メーカーも基本的には溶けるのを待つ事を推奨しています。

破損の元になりますので、自信の無い方はあまり無理しないほうが良いかもしれませんね。

昨晩は久しぶりの積雪で、関東南部の鎌倉地域も交通に支障があるくらい積もりました。

緊急に備えて、営業車には雪用タイヤを装着していたので大きな問題にはなりませんでしたが、やはり降雪時には無理をしないほうが良いですね。

雪が積もると、たまに雨漏りの原因になる場合がありますので、室内の状況をチェックする事をお勧めします。

また、雪解けで樋が壊れるケースがあります。降雪による被害は火災保険等で賄える場合がありますので、保険内容をチェックしておく事もお勧めします。

今年も後数日で終わってしまいます。

一年間大変お世話になりました。ありがとうございます。

弊社は来年本社移転を行います。現在の場所より少し駅から離れてしまうのですが、専用の駐車場も完備します。

大船へのお買い物のときにでも気軽に立ち寄っていただければと思います。

移転時にお客様にはご連絡差し上げます。

社員・協力業者一同、今後も頑張ってより良い仕事をいたしますので、来年もよろしくお願いいたします。

良いお年をお迎え下さい。

毎年恒例の一社)神奈川県建築士事務所協会 鎌倉支部 主催 鎌倉の設計事務所の「仕事展」にパネル展示していました。

毎年色々な方がパネル展示をしていて、多くの設計事務所作品を見ることが出来ます。

パネルの作り方にも「らしさ」が出ていて、毎年刺激を頂いています。

今年も結構いい線でまとめられたと思ったのですが、まだまだでしたね。