森建築設計所(設計

蠍膵房(構造計画

芙蓉建設工業蝓聞事施工)

によるジョイントリニューアル工事。

建築家・山田初江先生の設計した初期の作品をできるだけディテールを守りながら改装したものです。

減築・耐震補強等もあり、完成するとわかりにくいですが、苦労した物件です。

雑誌掲載の関係で、日曜日の朝から伺いました。

出来上がったのは初夏でしたが、気が付くと10月なんですね。

いい写真が撮れて、掲載が楽しみでもあります。

庭は完全にドッグランに変わっていて、楽しくワンコと遊んで来ました。

お待たせしていた木製建具の網戸がやっと入りました。

これで蚊の進入から一安心?

木製建具にやっとガラスが入りました。

この建具は70才過ぎの職人の制作です。

木製建具の職人はどんどん高齢化が進み、若い職人が少ない世界なのです。

これから先のことを考えると、木製建具は心配になります。

制震能力のある新しい金物を取り付けました。

鋳物の金物を特殊な樹脂で接着しているもので、小さく取り付けがしやすいものです。

計算上では有効なのは理解できますが、その性能は地震が起きないとわかりません。

そのときは有効に機能してほしいです。